有限会社バイオ研

Bio-Lab.Co.,LTD.

バイオジェニックス連絡協議会の活動

バイオジェニックスとは

バイオジェニックスとは、東京大学名誉教授 光岡知足博士が提唱している新しい分野です。Biogenicという単語は「生命活動に必要不可欠な生物から作られる物質」という意味です。 食品素材の中には、プロバイオティクスやプレバイオティクスの範疇に入らないけれど、免疫賦活を通して 腸内菌叢を改善し、人の健康に役立つものがたくさんあるはずです。 加熱乳酸菌、乳酸菌の発酵代謝産物、その他の菌が生産するグルカンやαーグルコシダーゼ阻害活性のある生薬など、非常に多くの物質が含まれます。

整腸効果をもたらす物質
バイオジェニックスとは
プロバイオティクス
腸内フローラ(腸内菌叢)を改善して体によい生理効果を もたらす生きた細菌
シンバイオティクス
腸内の有用な細菌を増殖させる物質をいい、オリゴ糖や 食物繊維などがこれにあたる。
バイオジェニックス
上記二つの項目には入らないが、主に免疫賦活を通して 腸内フローラ(腸内菌叢)を改善し、健康に寄与する物質 をいい、加熱乳酸菌や発酵生産物がこれにあたる。

プレバイオティクスとは、1995年Gibsonにより発表された造語で「食事由来の成分で大腸にそのまま到達し、大腸フローラの中で宿主に有益な作用をするビフィズス菌や乳酸菌などに選択的に利用され、これらの菌を 増やす働きのある物質」と定義されました。

加熱乳酸菌(バイオジェニックス)の有用性
  1. 少量で大量の乳酸菌を摂ることができる
  2. 生きていないので、多様な商品に入れることができる
  3. 賞味期限が長い
  4. 商品に入れた場合、どれだけ入れたか測定可能
  5. 生菌と同様の整腸効果と免疫活性効果が得られる

バイオジェニックス連絡協議会の活動

「バイオジェニックス連絡協議会」について

バイオジェニックス連絡協議会はバイオジェニックスの啓蒙と普及を目指し、2008年に設立されました。
その発足を記念し、同年11月に第1回セミナーを開催しました。
協議会の設立とセミナーの開催に中心的役割を担ったのは薬学博士 長谷川秀夫氏でした。
氏はバイオジェニックス連絡協議会の議長として活躍し、会の発展に大きな功績を残しました。
しかし誠に残念ながら2010年12月に急逝されました。長谷川博士の遺志を継ぐべく、光岡知足東京大学名誉教授のご指名もいただき、㈱バイオ研社長の菅 辰彦博士が2代目議長として就任しました。
第2回セミナーからは加熱乳酸菌を用いた製品の研究事例が紹介されるようになり、様々な視点からバイオジェニックスの研究が行われるようになりました。

【バイオジェニックス連絡協議会セミナー講演内容】
第1回バイオジェニックス連絡協議会セミナー 2008年11月26日開催
テーマ:
「乳酸菌の真のメカニズム解明の幕開け」
講演:
  1. ①東京大学名誉教授 光岡知足博士 「バイオジェニックスの時代へ」
  2. ②㈲バイオ研社長 菅 辰彦博士 「乳酸菌は生菌である必要があるのか」
  3. ③バイオジェニックス連絡協議会議長 長谷川秀夫博士 「長寿免疫とナノ型乳酸菌」
第2回バイオジェニックス連絡協議会セミナー 2017年11月24日開催
テーマ:
「バイオジェニックスの黎明期から成長期へ」
講演:
  1. ①東京大学名誉教授 光岡知足博士 「バイオジェニックスの黎明期から成長期へ」
  2. ②連絡協議会議長 菅 辰彦博士 「プロバイオティクスの正しい解釈と加熱乳酸菌の菌数の測定法」
  3. ③㈱栄養・病理学研究所代表取締役社長 塚原隆允氏 「ナノ型乳酸菌nEFまたはSNK投与による実験的大腸炎発症下における腸管の炎症軽減効果について」
  4. ④菊正宗酒造㈱総合研究所所長 高橋俊成氏 「生酛乳酸菌のバイオジェニックス効果に着目した米発酵乳酸菌飲料の開発」
  5. ⑤東京農工大学講師 大森啓太郎氏 「犬の造精機能に及ぼす加熱殺菌乳酸菌製剤nF-1の効果の検証」
  6. ⑥㈱バイオジェニックス総研金 炫雄氏 「海外におけるバイオジェニックスの事例」
第3回バイオジェニックス連絡協議会セミナー 2019年11月7日開催
テーマ:
「バイオジェニックスの新知見」
講演:
  1. ①㈱バイオ研主席研究員 渡邉 卓巳氏 「乳酸菌の機能性を向上させるために」
  2. ②バイオジェニックス連絡協議会議員 大脇 眞氏 「腸内細菌を制御する抗体IgA」
  3. ③中部大学 大学院工学部客員教授 薬学博士  林 京子氏 「ウイルス感染症対策の新視点 ~ 乳酸菌・食用海藻の有効性」
  4. ④東北大学大学院医学系研究科 保健学専攻准教授 医学博士 菅野 恵美氏 「皮膚創傷治癒の昔と今~乳酸菌による整創作用に注目して~」
  5. ⑤池田糖化工業株式会社 研究グループ執行役員 工学博士 小村 啓悟氏  「血糖及びアミノ酸測定への酵素利用」

バイオジェニックスセミナーの講演会の発表内容はセミナー終了後に冊子に掲載し発行しておりますので、詳細はそちらをご覧ください。

「バイオジェニックス連絡協議会」の活動

バイオジェニックス連絡協議会はこの協議会に協力していただいている研究者の方々にオリジナリティある研究をしていただいており、バイオジェニックスに関する学術研究の充実と発展に努めております。