バイオ研
経営理念
乳酸菌を培養した後、加熱殺菌し、乳酸菌だけを濃縮した後 これを粉体化すると高濃度の乳酸菌粉末ができる。 しかし、粉体化の際に乳酸菌同士が凝集し、その塊を水に 溶かしたとき、色々なサイズの粒子径を有する懸濁液となる。 (写真1:ナノ化処理前の乳酸菌) ナノ型乳酸菌とは、粒子の直径が1μm (ミクロン)以下の サイズの微粒子になっている乳酸菌で、しかも水に溶かした ときに一つ一つがバラバラになっているものをいいます。

ナノ型乳酸菌顕微鏡

経営理念
ナノ型乳酸菌は乳酸菌を微細化し、菌同士が分散するよう加工しています。 そのため、乳酸菌が小腸のパイエル板を通過しやすく、体内でTh1細胞が 誘導されることにより、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスが整います



ナノ型乳酸菌®nEF>>




fooder