バイオ研
乳酸菌事業受託事業学術・研究関連
経営理念
図整腸効果をもたらす物質

プロバイオティクス
腸内フローラ(腸内菌叢)を改善して体によい生理効果を もたらす生きた細菌

プレバイオティクス
腸内の有用な細菌を増殖させる物質をいい、オリゴ糖や 食物繊維などがこれにあたる。もたらす生きた細菌

バイオジェニックス
上記二つの項目には入らないが、主に免疫賦活を通して 腸内フローラ(腸内菌叢)を改善し、健康に寄与する物質 をいい、加熱乳酸菌や発酵生産物がこれにあたる。


プレバイオティクスとは、1995年Gibsonにより発表された造語で「食事由来の成分で大腸にそのまま到達し、 大腸フローラの中で宿主に有益な作用をするビフィズス菌や乳酸菌などに選択的に利用され、これらの菌を 増やす働きのある物質」と定義されました。

バイオジェニックスとは、東京大学名誉教授 光岡知足博士が提唱している新しい分野です。Biogenicという 単語は「生命活動に必要不可欠な生物から作られる物質」という意味です。 食品素材の中には、プロバイオティクスやプレバイオティクスの範疇に入らないけれど、免疫賦活を通して 腸内菌叢を改善し、人の健康に役立つものがたくさんあるはずです。 加熱乳酸菌、乳酸菌の発酵代謝産物、その他の菌が生産するグルカンやαーグルコシダーゼ阻害活性の ある生薬など、非常に多くの物質が含まれます。



加熱乳酸菌(バイオジェニックス)の有用性

1. 液体培地で乳酸菌を培養したあと、加熱殺菌し、乳酸菌だけを   凝縮した後粉体にしたもの

2. 少量で大量の乳酸菌を摂ることができる 生きていないので、多様な商品に入れることができる

4. 賞味期限が長い

5. 商品に入れた場合、どれだけ入れたか測定可能

6. 生菌と同様の整腸効果と免疫活性効果が得られる






fooder