バイオ研
ヨーグルトの効果
経営理念
oldbook今ではさまざまな乳酸菌商品が市場を賑わしていますが、乳酸菌は どのようにして誕生しどのような歴史をもっているのでしょうか。

最初に微生物を観察したのは、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフック(1632-1723)だといわれています。
彼は自作の顕微鏡をいくつも作り、昆虫、植物、微小動物の観察を続け、微生物にも誕生や死があることを確認した微生物学の礎を築いたとされています。

シャーレその後、フランスの科学者ルイ・パスツール(1822-1895)はアルコール製造業者から依頼されたワインの腐敗原因を調べるうちに、アルコール発酵が酵母の働きによることを確認し、 腐敗を防ぐための低温殺菌法を開発するなど、微生物の祖といわれ、その後微生物の研究が進むことになります。

1899年には、パスツール研究所のティシエによって健康な乳児の糞便からビフィズス菌が 発見されます。この菌はYやV字のように枝分かれしているようにみえることからをラテン語で ビフィッド(bifid)から、ビフィズス菌と名づけられました。

老化の研究をしていた、ロシアの生物学者イリヤ・イリイチ・メチニコフ(1845-1916) は、 ブルガリア旅行中に、80歳、90歳、100歳を越える長寿者が多いことに驚き、彼らが皆、 ヨーグルトを常食していることから、ヨーグルトの不老長寿説を発表しました。 このメチニコフの説が引き金となり、ブルガリアのヨーグルトはヨーロッパ中で食べられる ようになり、ヨーグルトの火付け役として知られています。


経営理念
腸は植物の根に該当し、腸の内側は土壌の微生物に例えることができます。
根に有用な微生物(善玉菌)が棲んでいると作物の収穫量が増え、悪玉の 微生物(悪玉菌)が棲んでいると植物は枯れてしまうのと同じことが腸にも言えます。

人間の腸にも同じように、善玉菌と悪玉菌がいて、このことに最初に気づいたのが ロシア人でノーベル賞を受賞した生化学者メチニコフです。
彼は腸内で悪玉菌が増えることによって寿命が縮むと考え、悪玉菌を排除する善玉菌の 役割に注目しました。その善玉菌の代表が乳酸菌です。
実際、ヨーロッパ東部コーサカス地方などの長寿村では乳酸菌(カスピ海ヨーグルトなど) を摂取しており、ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、老化現象を遅らせる のではないかと考えたわけです。


経営理念
乳酸菌の大切な役割に免疫機能を活性化するという働きがあります。
人間は歳をとると、臓器が自然に萎縮してしまいますが、その中で一番影響を受ける のが胸腺(心臓の上部で胸骨の裏側にある器官)です。
この胸腺は免疫機能と深く関与しています。
加齢とともに免疫機能が低下し、それによってガンよりも感染症にかかる割合が多く なります。これを予防するためには、免疫を刺激する食品やサプリメントを摂ることが 重要で、その最も重要な位置を占めているのが乳酸菌といえます。

 研究の中で、どういった乳酸菌であれば免疫を高められるかと思い、日本各地や 世界の長寿村からあらゆる長寿を関連性の高い発酵食品を集めました。 京都のすぐき漬け、長野のすんき漬け、コーカサス地方のヨーグルト、そしてモンゴルの 馬乳酒から乳酸菌を分離しました。
そして、どのような乳酸菌が免疫を強く活性化するかを調べた結果、乳酸菌の大きさが 小さいほど活性が高くなるころを発見しました。


経営理念
乳酸菌は粒子の大きさが小さいと免疫を活性化させ、インターロイキン12やインターフェロンαというサイトカインを作り出し、そのことで免疫力を高め、感染防御、つまり病気予防につながって いきます。 これは、『病気になりにくい体質づくりに貢献する』という意味で、乳酸菌本来の役割ともいえるのです。


経営理念
現在、長野のすんき漬けから分離した乳酸菌をナノ化処理した植物性由来のナノ型乳酸菌、 ヒト由来の乳酸球菌(エンテロコッカス・フェカリス)をナノ化処理したヒト由来のナノ型乳酸菌 に成功しました。
ナノ化された乳酸菌を安定的に供給することで、食品やサプリメントの素材として用いること ができます。 今後、この技術を活用して、乳酸菌本来の役割を十分発揮できる商品開発ができると考えます。


fooder